【04】クレジットカードってどうやって使うの?

クレジットカードってどうやって使うの?

やっと届いたクレジットカードですが、クレジットカードせっかく届いたのにどこでどうやって使えばいいかがわからない、初めて使う時なんか緊張してしまう。
そんなことを考えてしまいますよね。
そんな方はこのページを読んでくださいね!

1.まず自分のクレジットカードが使用可能かどうかを確認する

街のお店ではレジの周辺にその店で使える国際ブランド名がほとんどの場合書いてあります!!
そこに自分の持っているクレジットカードの国際ブランド名(VISA・MasterCard・JCBなど)が記載しているかどうかを確認してください。
そこで自分の持っているクレジットカードのブランド名(VISA・MasterCard・JCBなど)が記載されていれば使用できます。
今はかなり多くの場所がVISA・MasterCard・JCB使用できますが、個人経営などのお店では一応確認してください。

2.普段の買い物で利用する

普段街のお店で利用する際には簡単に支払えます。
支払方法は2通りあります。
①現金と同じようにカードを差し出すだけで完了する(Edy機能が付いているもの)
②現金と同じようにカードを差し出す⇒カードをお店の方に渡し、サインもしくは暗証番号を入力する。
それで支払完了になります。
コンビニなどはほとんど1の支払方法の方が多いですのでかなり早く支払できます。
簡単ですよね。
これがクレジットカードの利便性の良さです!!
最近では日常生活で使うほとんどの店(コンビニなど)ではお会計するときにサインも暗証番号も必要無く支払いができるサインレスに対応しているお店が多くあります。
ほとんどのお店でお店の人にクレジットカードを渡すだけで会計ができてしまいます。

3.インターネットで買い物する。

インターネットでは購入する場面で基本的にはカード番号と有効期限・英文字表記の名前を入力したらお支払完了です。
最近ではセキュリティー強化のためにカード番号と有効期限だけでなく、IDやパーソナルメッセージを入力するようになっています。(3Dセキュア)
個人情報などはSSL認証という機能で暗号化してセキュリティーコードというカードを持っている自分知りえない特殊なコードがあります。
上記のような技術があるので現在は安心してくださいね。
こんなに簡単でかつ、安全にお支払できますよ。

4.公共料金のお支払いや口座引き落とし

電気・ガス・水道・電話・新聞代など、預金口座からの引き落としにされている方は多いと思います。
これをクレジットカードを使用するだけで金額は一緒のまま毎月自動的にポイントが貯まっていきます!
口座引き落としした場合は、約1カ月後に買い物などの利用明細書がご自宅へ郵送されます。
その紙にいつ・どのお店で・いくら利用したのかが記載されています。
インターネットで利用明細書をご確認すれば素早く利用履歴の情報が反映され、利便性が高いですのでそちらもおすすめです。

使い方がわかったところで….

ここまでで、クレジットカードの基本的な使い方はおわかりいただけたでしょうか??
ポイントの前にまずクレジットカードの種類の話をしましょう。