学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

  • visa
  • mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • diners

入会後1年間は常にポイント1.5倍、誕生日月に5倍のポイントが貯まる。ステージ制プログラムや会員限定サイト「L-Mall」も利用でき業界最高水準のお得感。海外旅行保険も自動付帯。通常のライフカードに海外ショッピング利用で5%のキャッシュバックがもらえる。まさに学生のためのクレジットカードといっても過言ではない。

キャンペーン情報
新規入会で入会後1年間は常にポイント1.5倍!

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が高い
  • 人気の定番カード
  • ポイント使用期限なし
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ使用可能
  • 海外でも活躍
  • 旅行損害保険付き
入会資格 年会費 限度額 発行期間
18歳以上の学生の方 永年無料 10~30万円 約1週間
海外旅行保険 ポイント付与 ポイント還元 ETCカード
最高2000万円 1000円→1pt 1pt→約5~6円 無料

このカードはこう使え!

■誕生月にこのカードを利用しまくればポイント的にはかなりお得だ!!!年会費無料なだけに誕生月だけこのカードを徹底的に使い倒すという方法もありだろう!!
■年間50万円以上使い続けるならこのカードがかなりおすすめ!!上手く使えば楽天カードよりもポイントが貯まる!!
■ANAマイルを貯めるならライフカードも選択肢の1つ!!300ポイント=900ANAマイルに交換できるぞ!!年会費無料でマイル移行レートが無料なのにこんなに高レートで交換できるのはこのカードしかないはず!!
■入会後1年間はなんとポイント1.5倍であるため、この期間を利用しろ!!
■ライフカード会員限定のショッピングサイト「L-Mall(エルモール)」を経由してショッピングすると、サンクスポイントが通常の2倍~20倍貯まるぞ!!
■このカードはサブでは使うな!!使うならメイン!!1年間の利用額に応じて次年度ボーナスポイントがもらえるぞ!!!

おすすめポイント

■学生専用ライフカードの特徴は海外での利用ポイントがなんと5%キャッシュバックになること。100万円までという限度額はありますが、最大で5万円キャッシュバックになる。
■学生の海外旅行保険(ケガ・病気)が最大で200万円分自動付帯しているということ。海外旅行によくいく学生にとってはかなり嬉しい特典。ただし、他のカードにもかなり多くのカードに付帯している。
■ポイント還元率が異常に高い。年間利用額で翌年のポイント還元率がきまる。 (50万円以上で1.5倍に、150万円以上で2倍に)。入会すると、最初の1年は1.5倍で付与、誕生月には、5倍で付与、「L-Mall」を通して買い物をすると、最大で25倍のポイントが付与されるチャンスもある。誕生月にL-Mallを利用するとかなりのポイント還元率になることであろう。
■学生専用ライフカードで携帯料金を支払うと、クオカードが500円分当たります。しかもその確率は10分の1。これはほんとにお得。

注意点

■ポイントが貯まる期間にムラがあるため、使い方によってはほとんどポイントが貯まらないことがある。例えばポイント5倍になる誕生月に利用しなければ通常は還元率は0.5%と通常のクレジットカードの還元率。また利用額が異常なら50万円にも達しない場合も還元率が低くなるはずなので注意が必要。
■大学卒業と同時特典が少なくなってしまう。
海外旅行の傷害保険が2000万円分がなくなったり、
海外旅行での利用総額の5%がキャッシュバックされなくなったり、
携帯電話料金の支払いに使うと、毎月1割の確率でクオカードが当たるチャンスがなくなる

ポイント・特典

■誕生月にポイントが5倍もらえる!!5倍もらえるカードはこのカードだけ!!無料のライフカードが有料で最高の還元率2%のリクルートプラスカードよりも高還元率になってしまうわけだ!!
■初年度のポイントは1.5倍。
■ポイントの有効期間は5年間とかなり長い。
■ライフカード会員限定のショッピングサイト「L-Mall(エルモール)」を経由してショッピングすると、サンクスポイントが通常の2倍~20倍貯まる

付帯保険

海外旅行損害補償(全て自動付帯)
■ケガ病気治療費:最高200万円
■盗難/破損:最高20万円(免責3000円)
■事故死/後遺症:最高2000万円
■盗難保険20万円

学生専用ライフカードまとめ

どうやって誕生月にポイントを稼ぐかがかなり重要になってくる。1年目に1.5倍のポイントも貯まり、かなりのポイントが貯まること間違いない。学生あればこのカードは絶対に持っておいて損はないはず。海外旅行時の保険なども無料で自動付帯している。ここまで太っ腹なカードがあるなら学生の間にしっかりと使いこなせば飲み会に行く回数を何回かは必ず増やせることだろう。

公式HP・お申込み