プラチナカードのメリットって何?

maxresdefault

誰もが持つことを憧れるカードがプラチナカード。
ゴールドカード以上のステータス性を持っており、他のどのレベルのカードよりもサービスレベルは高い。
では、実際プラチナカードを持つことのメリットって何でしょうか?
今回できるだけ分かりやすくまとめました。

メリット:
①コンシェルジュサービスで旅行でのホテル・航空券の手配など旅行やエンターテイメントにまつわる様々なことを自動的にやっている。
②有名レストランで1名分が無料、または割引。
③スイートルームが半額になったり、自動的にスイートルームにグレードアップする場合がある。
④プライオリティ・パス(世界300都市以上600ヵ所以上の空港ラウンジを無料利用できるサービス)への無料入会特典
⑤圧倒的なステータス
⑥旅行保険がずば抜けて充実している
⑦ポイントやマイルが貯まりやすいカードが多い。

①のコンシェルジュサービスはプラチナ優良なサービス。
実際にコンシェルジュサービスでは具体的にどんなことができるのか?
例をあげて示してみる。

1)ホテルやパッケージツアーの予約をしてくれる(海外も)
2)航空券や新幹線の手配をしてくれる。
3)送迎リムジンやヘリコプターの手配も可能
4)様々な公演チケットを手配してくれる。
5)ホテルの自動グレードアップをしてくれる場合がある。

など何と旅行やエンターテイメントで困ったら全てのことをやってくれるのだ。
間違いなくここまで高品質なサービスを行ってくれるのはプラチナカードだからといってもいいだろう。

②は指定の有名レストランを2名以上で予約すると、値段が1名分無料になる。
「デートで高級なお店を利用すれば彼女の分は無料」。なんてことも。

③スイートルームが半額になったり、スイートルームでは無い部屋を予約したにも関わらずこのカードを提示するだけでスイートルームを借りることができるかも。これはかなりお得。

④プライオリティ・パス
世界中の空港ラウンジを無料で利用できるサービスがこのプライオリティ・パス。海外旅行によく行く方にとってはこの機能があるだけで実際年会費のもとは取れる。
プライオリティ・パスにも3種類ある。

スタンダード会員:年会費99USドル→ラウンジ利用ごとに24ドル。同伴者は24ドルかかる。
スタンダード・プラス会員:年会費249USドル→1~10回まで無料、11回目から1回24ドルかかる。同伴者は24ドルかかる。
プレステージ会員:年会費399USドル→完全無料。ただし、同伴者は24ドルかかる。

ほとんどのプラチナカードは基本的にプレステージ会員なので無料でラウンジを利用できる。

⑤圧倒的なステータス
間違いなく他のレベルのカードなどに比べ招待制のカードなども多く、審査も厳しいため、持っているだけでステータスになる。

⑥旅行保険がずば抜けて充実している
海外保険が1億円分自動付帯など海外・国内旅行保険内容が充実している。

⑦ポイントやマイルが貯まりやすいカードが多い。
なにげにポイントやマイルがよく貯まる。とくにプラチナカードのマイルの貯まり方は平均してかなり高還元だと言える。
アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラープレミアカードなどかなりポイントが無期限で貯まるぞ!