必見!スマホ1つでクレジットカード決済ができる、決済サービスの特徴まとめ。

01

スマホ決済とは?
スマートフォンと専用のカードリーダーのみで決済するシステム。
実際にこのシステムを利用すれば素早く決済ができる。
とにかく決済が特に楽になる。例えば自分がカードを複数枚所持している場合にこれがあれば1つに統合できる。

1.SQUARE
自分が持っている全てのクレジットカードを統合してスマホにデータを移し、スマホでクレジットカードの決済ができるアプリ。

特徴:
最も安く、現金決済にも対応している「レジアプリ」と支払いに使う「カードリーダー」を無料で提供している。
カードリーダー:無料
決済手数料:3.25%
対応クレジットカード:VISA、MasterCard
アプリのOS:iOS
その他:Square Cashなど個人間でも新たなサービスあり。

2.Coiney
簡単に言えば「日本版Square」といってもいい。
Squareとの違いは手数料。

特徴:
Squareとの違いは「手数料」と「Android対応」だ。
Squareが3.25%の手数料なのに対し、Coineyは手数料が4%。
カードリーダー:期間限定無料
決済手数料:4%
対応クレジットカード:VISA、MasterCard
アプリのOS:iOS,Android

3.Pay Pal Here
ヤマダ電機での顔パス決済など真新しいことを始めている。今後のサービスの変化には要注目。

特徴:
カードリーダー:1200円前後
決済手数料:5%
対応クレジットカード:VISA、MasterCard
アプリのOS:iOS,Android
その他:顔パス決済などかなり最先端の決済方法を始めている。他にもSQUAREに比べて業者に対する支払いが早いということも特徴である。

4.楽天スマートペイ
楽天のクレジットカード決済システム。少し価格面では他のシステムに劣っている。

特徴:
カードリーダー:2980円
決済手数料:4.9%
対応クレジットカード:VISA、MasterCard、楽天
アプリのOS:iOS,Android