プロパーカードと提携カードの違い

card_amex

card_amex

プロパーカードというのはクレジットカード会社や銀行自体が発行しているクレジットカードのこと。例をあげるとJCBやアメックス等です。もうひとつの提携カードというのはブランド力がある会社や集客力がある会社にクレジットカード会社が提携をしてクレジットカードを発行している例です。お互いにメリットがありますのでwin-winなんです。
基本的にプロパーカードと提携カードの違いは3つあります。
1.年会費
2.サービスの質
3.ポイント還元率
です。
基本的にプロパーカードで年会費無料というのはあまりありません。基本的に有料です。ポイント還元率に関しては基本的には低いです。ただ、その分サービスの質が高いカードが多い。例えばアメックスのゴールドなどは高いレベルの特典を得ることができます。
まとめるとプロパーカードの特徴は

メリット:
1.サービスの質は高い

デメリット:
1.年会費が有料
2.ポイント還元率が低い

となります。

提携カードの特徴としてはクレジットカードの年会費無料のところが多く、かつ提携企業のみのサービスや特典を受けることができることです。
楽天カードなら楽天で買い物するとポイントが多くもらえるなどです。
しかし、年会費無料のカードがほとんどであるから高いサービスは受けることができないかもしれません。
ポイントの還元率に関しては基本的にプロパーと提携企業の2つのポイントシステムを合わせたポイントをもらえますのでポイント還元率関しては高いカードが多いのが特徴です。

メリット:
1.年会費が無料(提携企業の特典を受けることも)
2.ポイント還元率が高い

デメリット:
1.サービスの質は低い

一概には言えませんが、基本的にお金がかかってもいいから良いサービス、ステータスが欲しい!!という方にはプロパーカードを、お金がかからなくてお得なカードが欲しい!!という方は提携カードがの方がいいのかもしれませんね!!