なぜクレジットカード会社は年会費無料クレジットカードを発行するのか??

ダウンロード

    1.加盟店手数料

  • クレジットカード加盟店はクレジットカード会社側にクレジットカード利用代金の1%から7%の手数料をクレジットカード会社に支払っています。
    ではなぜ加盟店がわざわざ手数料を支払ってまで加盟店に入ろうとするのでしょうか??
    加盟店は、利用者が、現金がないから買えないとお客さんを逃がしてしまうのを防げるので手数料を支払っても利益になること方が多いということです。
  • 2.分割手数料

  • リボルビング払いといえば、月々の支払いを一定にすることができて、家計が管理しやすい利点があります。
    しかし、その一方でクレジットカードは基本的には分割払いやリボルビング払いにすると利用者側に手数料が発生しますよね。
    カード会社は、年会費無料でも利用者が、分割払いやリボルビング払いで支払いさえすれば、手数料でカード会社側は利益を得られます。
    だからクレジットカード会社によってはプロパーカード(カードを自社で発行しているJCBなどのカード)は年会費があっても、
    リボルビング払い用のカードは手数料を見込んで年会費無料だったりします。
  • 3.キャッシング手数料

  • キャッシングも収益源のひとつです。
    最近では、消費者金融が新規の顧客獲得のために、クレジットカードを発行しています。
    ただ、ここで1つ注意したいのがキャッシングの金利がかなり高いということです。
    他のサイトによると大手消費者金融のカードローンの平均金利は借りた額に対して16%という話もあるほどです。

    まとめ

    この様な収益が見込めるためにクレジットカード会社は永年無料のカードを発行して、お得なサービスによってクレジットカード利用者を増やそうとしています。
    入会後には頻繁な利用や分割・リボ払いの利用を促します。
    よくありがちな話として、クレジットカードのリボルビング払いで自分の持っている金額以上の不必要な衝動買いをしてしまうということです。
    ここで大事なのは、クレジットカードをうまく使うということです。
    それだけなのです。
    例えば手数料のかかる支払い方法をやめ、一括もしくは2回払いにする。そこで自分が払える以上の買い物をしない。
    こうするだけでクレジットカードを使っても損することはありません。
    むしろ現金支払いでは得られないポイントを賢く利用することで大きく得することだってできるのです。
    ぜひこのサイトを見ている方には各々のカードのサービスをうまく利用して手数料が発生しない形で得する使い方をしていただきたいです!!